仕事 子育て

サイトマップ

難しい?仕事と子育ての両立

子育てもして、仕事もしてというはかなり難しいものです。最近は専業主婦の割合減り、結婚して子どもを産んでからも仕事を続ける人が多いようです。もしも仕事と子育ての両立を目指した場合、心がけるべきことはどんなことでしょう。核家族化が進んでいる現在、子育てしながら仕事をするのは非常に大変になってきています。小学校に入ったばかりの子供や、未就学児のいる家庭の子育ては困難続きです。通っている保育園や小学校で、友達から病気をうつされてくることもあります。子供が病気になってしまったら、仕事をしていても対応しなければならなくなるでしょう。小学校中学年くらいになると子どもも体力がついてきて風邪をひいて休むことも減りますしが、スポーツや習い事などで休日に親が借りだされることも増えてくる時期です。祝日や土日は忙しい日も続きますが、子育てと仕事をどちらもするという観点からは楽になりつつある時です。やはり子育てと仕事の両立で一番大変なのは、子どもが小さいころです。両立するコツは一人ですべてを抱え込まないということです。無理をして体を壊しては元も子もありません。家族で話し合って、互いに助け合いましょう。それぞれの地域での子育て支援センターなどを使って、子育ての不安や負担を減らすことも大事です。仕事と子育て、どちらもやっていくためには自分一人の力では限界がありますので、周囲の人の協力が不可欠になります。

子育てしながらできる仕事

どんな仕事が、子育てと並行してできるでしょうか。子育てをしながらも、仕事はやめずに働き続けたい人は少なくありません。子育てしながら仕事をするのであればどんな仕事が向いているのでしょうか。子育て中は、シフトの変更がしやすく、1日の勤務時間が短い仕事がやりやすいと言われています。パート仲間が多く子どもの相談やシフトの調整などを助け合いながらできる職場であればなお良いでしょう。ファミリーレストランやファーストフード店は、子育てと両立しやすい仕事であると言われています。厨房での調理のサポートや、接客、配膳などが主な仕事ですが、未経験も可で、シフトが動かしやすい職場です。この他に子育てをしながらできる仕事に、軽作業や、製造のスタッフなどがあります。1日から勤務可能な短期募集も多いので、急な出費で少し働きたいという人にもぴったりです。子育て中は子どもが急な病気で休まざるをえないことがありますが、製造業などは人数が多いため、比較的休みやすいといいます。子育て中は家でもゆっくり休むことができず体力を使う仕事だとキツイという人におすすめなのは事務の仕事です。事務のスキルを得ることで、重要な仕事を任される機会も増えてくるかもしれません。他の職種に比べて残業量が少ない会社もよくあるので、子育てをしている人にはいい話です。子育てと両立できる仕事は様々なものがありますので、やりくりして続けていけるよう頑張りましょう。

「仕事と子育ての両立」について

仕事と子育ての両立について

Copyright © 仕事と子育ての両立. All rights reserved